声優のオーディションは写真が重要|好印象な表情の作り方

Pocket

声優に憧れているいとはとても多く、若い人を中心に増えているのが特徴です。


多くの人が希望している仕事のため、審査に通るためにはオーディション写真にも注意をすることが大切になります。

声優の仕事を獲得するためには、採用する審査委員に好印象をあたえることが必要不可欠です。声を出して働く職業のため、履歴書に貼り付ける証明写真などにあまり注意をはらわない人も少なくありません。

アニメや映画などの吹き替えの場合は顔を出すことはありませんが、テレビやイベントなどに参加することも声優の大切な仕事の一つです。声だけではなく顔などの表情によっても採用が左右されることが増えているため、オーディション写真では好印象を与えることが重要になります。

審査員などに好印象を与える要因は、外見の美しさだけではありません。見た目の美しさではなく、全体的に整っている人の方が好印象を与えやすくなるので注意しなければいけません。

オーディション写真を撮影する時は、一般的な就職活動の時と同じように身だしなみに気をつけることが必要です。審査員に好印象になりやすいポイントは、男女の性別に関係なく清潔感があることになります。

清潔感を与えるポイントは、髪形や身につける服装選びなどが重要です。髪形はしっかりと整え、長すぎたり乱れたりしないようにしましょう。着用する衣類などにシワや汚れなどがあると、清潔感を演出することができません。

髪の毛などを他の色に染めている場合は、黒に戻した方が無難です。好印象を与えるためには、清潔感がとても重要なポイントの一つです。オーディション写真を撮影する時には、表情にも気を配ることが必要になります。

下を向き暗い表情をしていては、審査員などに好印象を与えにくくなるので気をつけることが大切です。女性がオーディション写真を撮影する時は、メイクを控えめにしておきましょう。

アクセサリー類を身につけている場合は、外してからオーディション写真を撮影したほうが好印象になりやすくなります。