オーディション写真でアクセサリーはつけない方が良い理由とは?

Pocket

アイドル、タレント、モデルなどの各オーディションに応募するには履歴書などとともに写真を添付する必要があります。


そのさいに使われる「オーディション写真」は、当然応募者としてはよく写っている渾身の一枚を選んで自分のルックスやキャラクターをアピールするわけですが、注意点があります。

まず、あまりに表情を作りすぎたり普段と違う写りのいわゆる「奇跡の一枚」を作ることに手間暇をかけては逆効果です。結局は書類審査に通ったあとに直接の面接やオーディションがありますが、実物とかけはなれていればそこで落とされてしまいます。

とくに写真を画像加工ソフトでいじったりすることは、適正なオーディションを阻害することにもなるため厳に慎みましょう。

また全身写真であればあまりポーズをとらず、身長や等身、足の長さなどがよくわかるものを選び、あまり高いヒールやシークレットシューズなどでごまかさないことも大切です。

これらの点に加えて、「アクセサリーも付けないほうが良い」ということについてはあまり知られていませんがとても重要なポイントになります。

基本的にモデルでもタレントでも、事務所側はこれから売りだす人間を「どういう方向性で売るか」を慎重に考えるものです。

その人の特技やキャラクター、そのときの流行、競争相手の有無などがあってどういう方向付けをされるかはそのときになるまでわかりません。

そのため、アクセサリーなどをつけて最初から「自分はキレイ系で」「不思議ちゃん路線で」というイメージをつけてしまうと、その路線が事務所に必要とされていなければその時点で必要なしと判断されて落とされてしまうのです。

オーディション時点ではまだ何にも染まらず、どのような方向付けも出来る「素材」として自分をアピールするため、というのがアクセサリーを付けないほうが良い理由になります。欠点も見方しだいで武器になるのが芸能界ですから、あまり飾らずにアピールしましょう。


オーディション・プロフィール・お見合い写真の撮影におすすめ
池袋写真スタジオファン・プロモーション
公式HP:https://funpromotion.jp/
東京都豊島区西池袋3-26-5ニューマツモトビル5F
TEL:03-6812-1915
営業時間:10:00~19:00