開業医・医師に最適なプロフィール写真の撮り方

Pocket

開業医としてクリニックや医院などを開く場合は、パンフレットやインターネットのホームページなどを作ることがほとんどです。

ホームページなどにはクリニック内の設備などと一緒に、医師として働くことになる自分のプロフィール写真などを掲載することを多く見ることができます。

医院長という立場で働くの自分の姿や、同僚の他の医師たちのプロフィール写真などを掲載することが少なくありません。ホームページやパンフレットなどは、来院することになる多くの患者の目に触れる機会が大変多いのが特徴です。

よく考えずに撮影したプロフィール写真などをパンフレットなどに載せてしまうと、患者などからの信頼を集めることが難しくなるので気をつけなければいけません。

開業医や医師として働く場合のプロフィール写真の撮り方は、何に使うのかを考えて撮影することが重要なポイントです。医師のプロフィール写真の撮り方で大切になってくるのは、どのような場所で撮影するのかということになります。

医療機関の紹介に使うことが多いので、屋外などで撮影するのは避けた方が無難です。清潔なイメージを与えることが重要になるので、撮影する場所はスタジオやクリニック内などがよいでしょう。

背景となる壁は白以外でも医学書などを並べておくようにすると、見る人に信頼できるイメージを与えやすくなります。

ホームページなどに訪れた人に好感をもってもらうためには、なるべく自然に笑った表情で撮影することも大切な撮り方のポイントです。

他の業種のプロフィール写真ではスーツなどがほとんどですが、開業医として働く場合は白衣を着用することも重要なポイントになります。

どのような仕事をしている人なのかがわかりやすいことも、医師のプロフィール写真では大切になるので注意しましょう。

パンフレットなどを見る患者さんから信頼されやすいイメージで撮影することが重要で、なるべく自然な表情とポーズを取ることが大切な撮り方になります。


オーディション・プロフィール・お見合い写真の撮影におすすめ
池袋写真スタジオファン・プロモーション
公式HP:https://funpromotion.jp/
東京都豊島区西池袋3-26-5ニューマツモトビル5F
TEL:03-6812-1915
営業時間:10:00~19:00