オーディション写真のアイプチは許される?

Pocket

オーディション写真では、顔の表情も重要なポイントになり可否をわけることも少なくありません。


顔の表情をよいイメージにするため、ほとんどの人はメイクを施して撮影するのが大きな特徴です。顔のイメージを明るくするため、一重瞼の人などではアイプチを利用している人も多くいます。

アイプチなどを利用すると手軽に二重にすることが可能ですが、オーディション写真の撮影の場合は気をつけなければいけません。アイプチを上手に利用しても、自然な二重瞼に見えることは難しくなります。

オーディション写真では自然が可否を決める重要なポイントになるため、アイプチを使うと表情に無理が出てしまうことが珍しくありません。応募するオーディションごとに異なりますが、メイクは基本的にした方がよいイメージを与えやすくすることが可能です。

メイクする時に気をつけなければいけないポイントは、自然なイメージを与えやすいナチュラルに仕上げることになります。

アイプチをする場合はナチュラルに見えることが大切

ナチュラルメイクが基本的なポイントになるため、アイプチを利用し無理に二重にすることは逆効果になることが少なくありません。

アイラインを引っ張ってしまうことが多くなるため、審査員や担当者などに悪いイメージを与えてしまうことが多くなります。一重のままの方が自然な表情を作りやすくなるため、オーディション写真を見た審査員などから好印象を与えやすくなるのもポイントです。

無理にアイプチを利用して二重瞼にするよりも、オーディション写真を撮影する場合は自然な一重などの方が無難になります。

オーディション写真を撮影する場合は、できればアイプチなどを利用せずナチュラルメイクをした方がよいでしょう。男性でもアイプチを利用する人もいますが、女性の時と同様に自然なイメージで撮影したほうが好印象を与えやすくなります。

ただし、撮影は気持ちが乗らないと良い表情ができないこともありますので、アイプチをする際は、カメラマンやヘアメイクに、違和感や盛り過ぎ感が出ていないかなど確認と相談をしても良いでしょう。


オーディション・プロフィール・お見合い写真の撮影におすすめ
池袋写真スタジオファン・プロモーション
公式HP:https://funpromotion.jp/
東京都豊島区西池袋3-26-5ニューマツモトビル5F
TEL:03-6812-1915
営業時間:10:00~19:00