写真の印象は髪型で変わる|女性のヘアスタイルで耳は出す派?出さない派?

Pocket

女性のヘアスタイルで撮影の時に、耳を出すか、出さないかで悩む方もいらっしゃいます。

写真撮影の時は、一般的に耳を出した方が良いとされていますが、撮影で演出したいイメージだったり、輪郭など顔のコンプレックスを隠したいなどの場合は、耳を出さないヘアスタイルでも良いと思います。

写真の目的は、「ありのままを写す」はもちろんですが、撮るからには「より綺麗に」「より印象良く」見せるかが大切だと思っています。

写真の仕上がりには、撮影手法やメイクアップ、ポージングなどの要素がありますが、髪の毛も上手にアレンジして使うとフェイスラインが綺麗に見えたりする、誰にでもできるお手軽なアイテムです。

今回は、耳を出すヘアスタイルと出さないヘアスタイル、ストレートヘアと巻き髪での写真の印象についてご紹介したいと思います。

 

耳を出すヘアスタイルと出さないヘアスタイルでの印象の違いとイメージの出し方

耳を出した写真の印象

耳を出すヘアスタイルの場合は、カメラ側の方の耳を出します。

印象としては、明るく活発、衣装によってはセクシーなイメージを伝えます。また、髪の毛は耳にかけて背中に下ろした方が良いです。

フェイスラインや首筋をスッキリ見せたい方におすすめです。

 

耳を出さない写真の印象

耳を出さないヘアスタイルの場合は、顔全体に髪の毛がかからないように注意します。

幼さや、可愛さ、キュートなイメージを出したい時に良いと思います。ポイントは、毛先を少し内側にカールするとより可愛らしい感じになります。

輪郭などフェイスラインを強調したくない方におすすめです。

 

両耳を出した写真の印象

両耳を出した写真は、オーディション写真などで使われることが多いです。

元気さ、明るさ、活発なイメージになります。ポイントは髪の毛が広がらないように、しっかりアイロンをかけて整えること。

ストレートヘアと巻き髪

耳を出したりする以外にも、ヘアスタイルでの印象も変わります。

ストレートヘア

ストレートヘアは、ナチュラルな印象で、清楚、誠実さを出すなら汎用性もあっておすすめです。

ストレートヘアの場合は、ツヤ感がないと重たく見えたり、ボサボサに見えることもあるので、しっかりアイロン等でツヤを出して整えましょう。

巻き髪

巻いた髪は、大人な女性の印象を与えます。

巻き方にも種類はあり、細かく巻いたり、大きく巻きめをつけたり、巻き始める高さの位置、ウェーブの感じによって、セクシーにも可愛さも演出できます。

巻き髪の時は、グリグリに巻いたり、派手にならないようにしましょう。


オーディション・プロフィール・お見合い写真の撮影におすすめ
池袋写真スタジオファン・プロモーション
公式HP:https://funpromotion.jp/
東京都豊島区西池袋3-26-5ニューマツモトビル5F
TEL:03-6812-1915
営業時間:10:00~19:00