オーディション用の写真のサイズの大きさに決まりはある?

Pocket

オーディション写真のサイズの決まりというのは、応募先によって変わってきますから絶対にこれだというものはありません。

絶対にこれだというものはないのですが、一般的にはL判と呼ばれるものを送るのが良いでしょう。

L判は別名サービス判とも呼ばれることもあるもので、大きさとしては89×127mmのものになります。

わかりやすく言えばごく一般的な写真のサイズなので、写真屋さんで現像してもらえる普通のサイズのものを送ればいいということになります。

これはあくまでも一般的な話で絶対なわけではありませんから、応募要項に大きさの規定があればそれに従うことになりますし、何も書いていなくて悩むようであれば素直にL判を選んでおけば間違いないと言えます。

決まりがない以上特に条件がなければ、自分が一番良く見えるサイズを選んでおけば良いということになりますが、あまりに大きすぎるものや、逆に小さすぎるものはかえって悪印象を与えてしまうことにもなりませんから、やはり選ぶのであれば程々の大きさということになります。

大きすぎてはかさばって相手が管理をするのに不便ですし、逆に小さすぎるものはその人の特徴がよくわからないということになってしまいます。

そのため、指定があればそれに従うのが大切なことになりますし、特に決まりがないのであればL判を選んでおけば間違いありません。

常識的な範囲であれば必ずしもL判でなくても問題ないと言えますが、L判にしなかったことによって落ちてしまったと思ってしまうようであれば、L判を選ぶのが良いでしょう。

そのようなことを考えることがないというのであれば、決まりがなければ後は個人の好き好きであったり自分が一番良く見える大きさのものを選べばいいので、常識的な範囲で多少大きくても小さくてもそこまで問題になることはないと言えます。

これらのことを踏まえた上で、決まりはなくても基本となるサイズはL版と覚えておくと役に立ちます。